生理現象でもある排便

さいたま市の水漏れ修理チーム

トイレを正しく使う

埼玉県修理チーム望洋

トイレを故障させてしまわないように

当たり前のことでありますがトイレを正しく使うことで詰まり・水漏れを起こさせないことが重要で、ちょっとしたことでトイレ修理が必要になってしまうことが多くあります。
扱い説明書にも書かれている通り流してはいけないものは絶対に便器から流さないようにしてください。少量であれば問題ないと思い込み、ティッシュを流してしまう方もいらっしゃいますしトイレットペーパーを丸めて大量に配信してしまうとトイレづまりが発生してしまう原因となります。特に多いのがトイレットペーパーと違いティッシュは水に溶けないため詰まりの原因となりやすいことを自覚しておきましょう。
また、トイレに流せるものであっても大量に流さないようにしましょう。トイレットペーパーを大量に流したいときには、数回にわけて流すことで詰まる危険性が確実に減ります。
日本国法で定められているトイレを使った後の排泄が必要以上の場所まで流れるようにトイレタンクの貯水量は計算されて製造されていますのでトイレタンクの中にペットボトルなどを入れて少しでも節水しようとするような試みは避けた方がいいでしょう。
タンクにペットボトルを入れて節水を行っていると便器に流れる水の量が減って排泄物などが排水配管のどこかで残業してしまって水圧が弱いので押し流されることなく残存し硬化していき詰まりやすくなってしまうためおすすめできません。大・小を正しく使いわけて適切な水の量を流しましょう。

埼玉県出張地域紹介
中央地域
さいたま市 蕨市 戸田市 桶川市
川口市 上尾市 鴻巣市
緊急対応
東部地域
蓮田市 白岡市 越谷市 三郷市 春日部市
草加市 幸手市 久喜市 吉川市 八潮市
西部地域
新座市 狭山市 ふじみ野市 和光市
川越市 所沢市 朝霞市 鶴ヶ島市
入間市 志木市 坂戸市 富士見市


修理施工料金表
受付から支払いまでのロードマップ

総合受付サポート
copyright©2019 埼玉県修理チーム望洋 all rights reserved.