水が白く濁る理由

さいたま市からトイレ・蛇口の水漏れを解決する水道修理業者

原因を考えてみる

埼玉県修理チーム望洋

白い水が吐水されてくる理由

蛇口から吐水させたときに濁った水が出てくる、そんなことはありませんでしょうか?家庭用の蛇口の水は、飲食などに使うものですから健康に被害がないのか気になります、このページでは、蛇口から白い水が吐水される原因をご紹介します。

白い水が出てくる場合
白く濁る原因の多くが空気が混入することによって発生する現象です。空気が入り込んでいる場合は、水道水をコップに入れてしばらく放置しておくことでコップの下の方から徐々に透明になっていきます。
この場合ですと問題がありませんので調理や飲み水に使用しても人体に影響がありませんので大丈夫です。白く濁る理由は、蛇口から水を出す時に水道管の圧力で蛇口上部から空気を吸い込んでしまうから空気が混入してしまうからなのですが、その空気による細かな気泡が水に溶け込むことで水道水が白く濁って見えるの現象となるのです。
また、お湯を出すときにも白く濁ることがあります。この場合も水に溶け込んでいた空気が温められて気体に戻る時に小さな気泡となり白く濁って見えるということになります。特に低気温の時期に白く濁りやすく特徴があります。
ですが、しばらく放置しても透明に戻らず白い水が出てくるというケースでは、水道管の老朽化が考えられます。水道管の老朽管によって亜鉛や鉄などが溶け出して水に混ざると白く濁ることがあります。水を沸騰させて更に白く濁るようであれば亜鉛が溶け込んでいると考えるべきです。

亜鉛や鉄は、人間の身体に必要な要素であり、ほとんどの場合健康に害がないようです。しかし、念のため飲食に白くなった水を使うことを避けましょう。また、そのまま放置しておくと水道管の腐食が進無可能性もありますので、白く濁っているような状態が数日続くようであれば水道局や専門業者にご相談してみてください。

修理施工料金表

蛇口から白い水が吐水される季節

蛇口から白い水が出る原因は、季節によって異なる場合がありますが、一般的には以下のような理由が考えられます。

寒冷な季節に発生する場合
冬場には、水道管の内部に凍結や結露が発生することがあります。このため、水道管の内部にある鉄イオンやカルシウムイオンなどのミネラル分が固まって白い物質となり、蛇口から吐水されることがあります。
梅雨など湿気の多い季節に発生する場合
梅雨や湿気の多い季節には、水道管の内部にカビが発生することがあります。このカビが蛇口から吐水されることで、白い物質が発生する場合があります。

このように、蛇口から白い水が出る原因は季節によって異なるため、原因を特定して対策をすることが重要です。特に、寒冷な季節には、水道管凍結による水漏れやトラブルが発生する可能性があるため、適切な処置が必要です。

吐水される白い水を飲んだ時の健康被害について
一般的に、吐水される白い水を飲んだ場合、健康被害が直接的に発生することはありません。白い水は通常、空気を含んでいるために見た目が濁っている状態ですが、飲用には支障ありません。
ただし、吐水される水が水道管や設備からの異物や汚染物質を含んでいる場合には、健康被害のリスクがある可能性があります。例えば、水道管内部の錆やカビ、細菌などが混入している場合、飲むことで消化器系や免疫系への影響が出る可能性があります。
したがって、白い水を飲む際には以下の点に留意することが重要です。

・水道水の安全性を確認する: 吐水される水が正常な水道水であることを確認しましょう。自治体や水道事業者から提供される水道水の品質情報を参考にし、安全性に問題がないことを確認しましょう。
・水道管や設備の点検と修理: もし白い水が常に出る状態である場合、水道管や設備に異常がある可能性があります。専門の水道業者に点検と修理を依頼し、問題を解決するようにしましょう。

水のろ過や浄化: 念のため、家庭で水をろ過したり浄化したりすることで、水質の改善を図ることもできます。水のろ過器や浄水器を使用することで、異物や不純物を除去することができます。
健康被害を防ぐためには、水道水の安全性を確保し、異常がある場合には水道業者に相談することが重要です。


受付から支払いまでのロードマップ


総合受付サポート
copyright©2019 埼玉県修理チーム望洋 all rights reserved.