寒くなってくる時期には確実に水抜きは行いましょう

さいたま市からトイレ・蛇口の水漏れを解決する水道修理業者

マイナス4°c 以下になると水道管の凍結に気をつけましょう

埼玉県修理チーム望洋

給湯器から水漏れする原因

給湯器から水漏れがする場合、原因は様々なことが考えられますが、主な下記のようなものが挙げられます。

1.給湯器本体の故障:給湯器本体に亀裂が入っていたり、部品の劣化や摩耗が原因で水漏れが発生することがあります。
2.水漏れ箇所の配管の破損:給湯器と配管をつなぐジョイント部分や、配管そのものに亀裂が入ることで水漏れが発生することがあります。
3.給水弁の不具合:給水弁が正常に機能しない場合、過剰に水が供給され、結果として水漏れが発生することがあります。
4.圧力不足:給湯器に十分な圧力がかかっていない場合、水漏れが発生することがあります。

これらの原因を解消するためには、専門家による診断や修理が必要です。給湯器の取扱いには十分な注意が必要であり、自分で修理を試みることは危険であるため、必ず専門家に依頼するようにしましょう。また、定期的なメンテナンスや点検を行うことで、予防的にトラブルを防止することができます。

原因がいくつか挙げられるため、主要なものをいくつか紹介します
給湯器から水漏れがしている場合に考えられるケースとして例を挙げるなら多数ありますので考えることについて以下の通りご紹介しておきます。
●パッキンの劣化
パッキンの劣化によって水漏れが発生してしまうことが少なくありません。パイプや配管を接続する部分に水が漏れないよう内部にパッキンが組み込まれています。パッキンはあくまで消耗品ですから、長期間使用すると劣化してしまって隙間が生じてきます。ですから、水漏れがしてしまうのです。パッキンは個別に市販されていますので適合するパッキンを交換することによって水漏れが解消します。
●凍結による配管の破裂
寒冷地にはよくある現象なのですが給湯器は屋外に設置されていることが多いので、寒冷地などでは氷点下になってしまうことがありマイナス4°c 以下になると内部を通る水が凍ることがあります。いわゆる「凍結」ですが、水は凍ると膨張するしていきます。管が内部から圧迫されてしまって長時間水道管が凍結をしていると膨張によって水道管やパイプが破裂してしまうことがあります。凍っているから大丈夫だろうと思っていても時間の経過とともに膨張してしまって水道管が破裂することが多くありますので速やかに解氷修理をすることが望ましい。
北海道などの寒冷地では、頻発する現象ですが寒冷地でも水抜きを忘れていたり急激に季節の変わり目に水道管が凍結してしまうというトラブルが頻繁に起こるケースがあります。このような場合には、水道業者の手配ができない状態に陥ってしまってどうすることもできなくなってしまうことがありますので十分に気をつけてください。また、水道管の凍結が起こった時には、元栓を閉栓にすることによって水道管の破裂を防ぐことができますので必ず対処してください。
●長期間使用していないとき
部屋になっていたなど使用しなかった期間があり給湯器を長期間使用していない場合には、水抜き栓から水が漏れることがあります。対策としては、長期間使用しない給湯器の場合には水抜き栓から水を抜いてくおくことでトラブル防止になりますので必ず使用しておいてください。

上記のようにちょっとしたことで水トラブルを防ぐことができます。毎日の生活の中で些細なことであったら放置してしまいがちになりますが水回りは、予期してない時に起きてしまいますので十分に気をつけてご使用ください。

集合住宅で給湯器が故障した時の対処法

集合住宅で給湯器が故障した場合は、以下の対処法を検討することが重要です。

●管理会社やオーナーに報告する: 給湯器の故障は、管理会社やオーナーに直ちに報告する必要があります。連絡先や報告方法は、契約書や賃貸契約書に記載されている場合があります。報告することで、修理や交換の手配が行われる可能性があります。
●緊急時の対処: 給湯器の故障によってお湯が出なくなった場合、一時的な対処策としては、電源を切って再起動することや、給湯器のリセットボタンを押すことがあります。ただし、具体的な手順や注意事項は、給湯器の取扱説明書や水道業者の指示に従って行ってください。
●水道業者への依頼: 給湯器の故障が深刻で自力での対処が難しい場合、専門の給湯器修理業者に依頼することが必要です。給湯器の修理や交換は専門知識や技術が必要なため、熟練した水道業者に任せることが安全です。

重要な点は、自己修理を試みる前に、まず管理会社やオーナーに連絡し、指示を仰ぐことです。また、修理や交換には水道業者の知識と技術が必要なため、自己修理は避け、適切な水道業者に依頼することをおすすめします。


修理施工料金表
受付から支払いまでのロードマップ


総合受付サポート
copyright©2019 埼玉県修理チーム望洋 all rights reserved.