地域情報として

さいたま市の水漏れ修理チーム

関東方面北部エリア担当スタッフからの情報

埼玉県修理チーム望洋

埼玉県のタウン情報

関東平野のほぼ中央に位置しているのが埼玉県です。県庁所在地のさいたま市は、首都機能の一翼を担っていて、新都心として発展が著しい都市で人口増加が進んでいます。また、東京に近接する南部では、東京のベッドタウンとして人口も急増しており、町の表情が目まぐるしく変化しています。その一方で、北部や秩父地域は、自然に恵まれています。

埼玉県の地名由来
県名は、県成立時の県庁所在地「岩槻」の旧郡名です。「埼玉」の名は、武蔵国多摩郡の奥にある土地の意味で「前多摩・先多摩」が転じたとする説があります。埼玉郷は、行田市種変にあたり、「さき(前)」「たま(湿地の意味)」の意味で、転じてきたとする説もあります。その他、「幸魂」が転じたとする説がありますが、いずれの説も根拠となる資料がなく、由来は未詳とされています。ただし、奈良時代の「万葉集」には、「前玉」「佐吉多万」の例が見られ、「さきたま」が転じて「さいたま」になったのは相違ないとされています。

埼玉県の歴史
埼玉県周辺は、武蔵国として東京も含めた広範囲の国でした。集落や人口も少ない土地柄でした。その後、南北朝時代に入ると戦乱が絶え起こり、地元の武士の勢力図が大きく激変していきました。江戸時代になると五街道の内中山道。奥州街道。日光街道が通り、川越などが宿場町として繁栄していきました。そして明治維新後、新政府の発令した廃藩置県によって埼玉県が誕生しましたが、整理統合されて現在の県域を保有するまでになるまでには、更に5年後とされています。


埼玉県内で24時間水道設備で起きてしまうトラブルを解決致します。水道のトラブルは、大きく区別したら「水漏れ」・「詰まり」のどちらかになります。長年お住まいになられているお宅では、どうしても避けられないのが水道設備の老朽化です。新築当時からお住まいでしたら、訳10年前後を経過したことから水道まわりで不具合を起こしてくると言われています。当然のことですが、使用頻度に比例してのことですが何の前触れもなく突然訪れます。水道以外にも電気でもガスでも同様なことが言えますが、当社は、水道まわりでお客様のお役に立てればと日夜精進しています。水道まわりで水漏れや詰まりが起きて、どこに水道修理をお願いしたらいいかわからないとき、どこから水漏れしているかわからないとき、トイレなど排水が詰まって困っているときなどの水道修理が必要になったら、そんなときにお電話ください。24時間できるだけ早くお客様のお悩みを解決するように当社スタッフ一同できるだけ早く水道修理や工事が必要な現場へ駆けつけるよう心がけております。


お客様からの評価集
洗面台の詰まりを解消作業
流し台の本体交換 便器の詰まり除去作業
緊急対応
デザイン蛇口の取り付け 水道管を折ってしまった
排水が流れなくなった ラックに組み込まれている
電話相談
水漏れを解決できなかった 洗面台で水漏れが発生
修理を自分で解決できない


無料の電話相談実施

施工イメージ
おまとめ評価集
総合評価リスト1

受付から支払いまでのロードマップ

総合受付サポート
copyright©2019 埼玉県修理チーム望洋 all rights reserved.