給湯器の水漏れトラブル

埼玉県修理チーム望洋

修理事例(施工済み分)

給湯器の水漏れトラブル事例

給湯器の内側から水漏れがしているとの受付がありお伺いしました。お客様は、普段使われている機会が少なく約18年使用されているとのことでしたので到着後、給湯器を点検してみると水道管の上部から漏れていましたので給湯器カバーを開けてみたところ、燃焼室がひび割れしていて、そこから水漏れしていることを確認しました。

給湯器の内面でお湯が漏れる
給湯器は、一般家庭向けの給湯器だったので使用頻度がかなり高い居酒屋様では、許容オーバーで燃焼室に不具合を生じることが多々あります。ここが破損してしまうと全損扱いとなります。理由は、修理代と同額程度になり他の部品のことを考えると買替した方が無難ということになります。オーナー様と相談の結果、業務用給湯器に新品交換し即日交換作業終了。また、一部の水道管の切り回し工事も行わせていただきました。当社は、水道工事も即日対応できるような体制を整えていますので、水道工事が必要なトラブルはご相談してください。
寒くなってくると給湯器のトラブルが増えてきます。飲食店様などは厨房でお湯を使う機会が年中通して多く、それだけ故障する頻度が増えるのが通例です。しかし、一般家庭で使う給湯器の場合は、夏まで使うの使用頻度が少なくなり冬場に増えるという傾向があります。年末にかけて寒くなっていきますので給湯器のトラブルがありましたらご連絡ください。トラブルが起きた現場に出来る限り早く駆けつけて解決できるように心掛けております。


配管から漏水があるには、止水栓バルブ。または、水道の元栓を閉じます。そして、漏水の箇所を明確にすることが先決です。集合住宅の場合は、配管の経路などが複雑なため大まかな配管ルート、受水槽や主な水栓の位置を把握してから水漏れしている箇所の推測し突きとめていきます。この時、量水器(メーター)や毎月の水道使用量などのデータも役に立つ場合があります。
配管との素材は様々で鉄管・ステンレス管・銅管・塩ビ管・ポリプロピレン管やポリエチレン管、鉛管等があります。漏れている箇所が漏水補修テープや補修接合材等を用いて容易に修繕できるケースもあます。ですが、容易に補修できたとしても完全に止まっているか見極める必要もあり、ダメな場合にはお気軽に修理依頼ください!


総合受付サポート

ベトナム女性との結婚を婚活支援
copyright©2019 埼玉県修理チーム望洋 all rights reserved.