修理をしたけど自力解決できないとの修理実績

さいたま市からトイレ・蛇口の水漏れを解決する水道修理業者

自力解決ができなかった

埼玉県修理チーム望洋

現場の状態

今回の修理依頼の案件内容にんります。水トラブルでお困りの際には、マリン水道サービスの修理解決をお任せ下さい。

【不具合箇所】 トイレ
【作業前の様子】 トイレ水漏れでパッキンを交換したが全く効果がなくダメだった。インターネットで調べて修理をお願いすることになった。
【作業時間】 45分

お客様からの評価

トイレ水漏れを起こしてしまいました。日曜日だったということもあってトイレ水漏れについてどこがおかしいのか調べてみることにしたのです。そうしたところ、どう見てもパッキンが薄くなっている状態でナットも緩んでいることがことがわかったのです。
この部品を交換すれば水漏れが止まるだろうと思い、ホームセンターで自分で探して、パッキンを交換することにしました。
交換したら絶対に治るだろうと思っていたのですが実際に交換してみても水漏れが一向に直らずますますひどくなるばかりでした。
このまま使っているとどんどんひどくなってくると予測もできたし水道料金もかかってくるだろうと思い、やっぱり専門家に見てもらうしかありません。
インターネットで水道の修理業者を調べてに連絡をすることにしました。
インターネットで調べても有料広告が多くどうしても有料広告を使っている業者に修理をお願いすることはやめておこうと思いました。そして、水道修理屋さんと言うと、あまり良い評判を聞きませんでした。そのため、とても心配していたことですが一番心配したのは、その修理にかかる料金です。
料金について、ぼったくりがあるのではないかと心配していたのですがところがそんなことが全くなく良心的でした。
きちんと修理も終了してもらえてとても満足していますしこれからも水漏れなどの修理があったらマリン水道サービスさんにお願いしようと考えています。

現調画像15

自力でトイレ修理をする注意点

自力でトイレ修理をする場合、以下の点に注意することが重要です。

十分に調べてから修理に取りかかる:トイレの機構や修理方法について、インターネットや専門書などを参考にして、充分に調べてから修理に取りかかりましょう。

必要な工具を用意する:トイレ修理に必要な工具は、ドライバー、レンチ、プライヤー、ピンセット、ハサミ、シリコンスプレー、パイプクリーナーなどです。必要な工具を用意しておきましょう。

安全を確保する:トイレ修理の際には、電源を切ったり、水を止めたり、安全を確保するための工夫をする必要があります。特に水回りでの作業では、漏電や感電の危険性があるため、十分に注意しましょう。

見かけ上の原因だけで判断しない:トイレの故障やトラブルは、見かけ上の原因だけで判断するのは危険です。トイレの機構や配管の状態を正確に把握し、的確な修理を行いましょう。

自分の力で解決できない場合は、専門家に依頼する:自分の力で解決できないトイレの故障やトラブルがある場合は、専門家に依頼することをお勧めします。素人が無理に修理を行うと、逆にトラブルが大きくなる可能性があります。

業者手配するケース
業者を手配するケースは、自分で修理ができない場合や修理が複雑な場合、または修理に必要な道具や部品が自分で用意できない場合などが考えられます。また、水回りの修理には専門的な知識と技術が必要であり、不適切な修理方法や部品の取り付け方などが原因で、トラブルが発生することもあります。業者に修理を依頼することで、専門知識や経験豊富な技術者が修理を行い、確実に問題を解決することができます。また、業者によっては修理作業に保証をつけている場合があり、修理後にも安心して利用することができます。

トイレで節水する
トイレでの節水は、水の無駄な使用を抑えることで環境負荷を軽減し、水道料金の節約にもつながります。以下に、トイレでの節水方法をいくつかご紹介します。

・デュアルフラッシュトイレの利用: デュアルフラッシュトイレは、小便用と大便用の2つの流量があります。小便の場合は低い流量(小便用ボタン)を使い、大便の場合には必要な流量(大便用ボタン)を使うことで、水の使用量を調整できます。
・水漏れの修理: トイレの水漏れを放置すると、無駄な水の流出となります。水漏れがある場合は早めに修理することで、節水効果を得ることができます。
・浄化槽用の洗剤の使用: 浄化槽に配慮した洗剤を使用することで、トイレの水を節約できます。一般的な洗剤よりも環境に優しいものを選ぶと良いでしょう。
・浄化槽の定期的な清掃: 浄化槽内の汚れや詰まりが原因で水の流れが悪くなることがあります。定期的な清掃やメンテナンスを行い、トイレのスムーズな水の流れを確保しましょう。

レギュラータイプのトイレの場合は、タンク内の給水量を調整する: レギュラータイプのトイレの場合、タンク内の給水量を調整することで節水効果を得ることができます。給水量を減らしても便の流れが確保できる範囲で調整しましょう。
これらの方法を実践することで、トイレでの節水を実現することができます。節水は地球環境への貢献につながるだけでなく、家計にも優しい取り組みですので、ぜひ取り入れてみてください。

修理施工料金表
一連の流れについてのご説明
水栓やトイレで水漏れや詰まりが経年とともに起きやすくなる鯨飲が本体に組み込まれているパーツの摩耗や腐食により発生しやすくなり水漏れが起きてしまいます。排水詰まりですと長年お使いになられる排水の汚れが排水管に付着して予後でが蓄積することで詰まりが起きてしまいます。そんな突然のお困りことやお悩みがある時に水道修理をする業者をお探しでしたら当社にお任せ下さい。また、電話無料相談にも応じています。


総合受付サポート
copyright©2019 埼玉県修理チーム望洋 all rights reserved.